CREX24 国産コインの大半が出金手数料としての使用が不可に

スポンサーリンク

2021年12月7日をもって日本居住者向けのサービス提供終了を発表していた仮想通貨取引所CREX24。その後も引き続き日本からの利用自体は可能な状態が続いていますが、今般、国産コインの大半が出金手数料として使用できなくなったことが判明しました。

出金手数料として使用できなくなったコインは次の通りです。

  • Monacoin
  • BitZeny
  • Koto
  • Neetcoin
  • Bellcoin
  • SanDeGo

これらのコインを出金する際は、SanDeGo以外の主要通貨(BTC / ETH / LTC / USDT / DOGEなど)で支払う必要があります。

いずれの通貨も記事執筆現在、BTCだと120satoshi、USDTだと0.05USDTが手数料として設定されており、5~6円の水準となっている模様です。

一方で、国産コインの中でVIPSTARCOINだけは引き続きVIPSでの支払いが可能となっており、こうした取り扱いの差が生じている理由については今のところ不明となっています。

不便になってしまったコインが多数あるのは残念ですが、昨年12月以降に多数のアルトコインが上場廃止がされている中で、国産アルトコインの上場廃止がひとつもなかったことを考えれば…

最悪の事態は回避されている…

とポジティブに捉えることもできるかもしれません…ね?

よろしければ記事のシェアをお願いします!